<< 「ジーンズで歌舞伎を観る会」設立 | main | 近況などを少し その一 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


賀正

JUGEMテーマ:つぶやき。


大変に遅くなってしまいましたが、
明けましておめでとうございます。
本年も拙ブログをよろしくお願いいたします。

本当に久しぶりのエントリーで大変申し訳なく思います。
ブログをお休みしていた間、南座の顔見世興行に行ったり、職場の研修で大阪に行った際に隙を見て文楽公演に行ったり、歌舞伎の地方公演に行ったりしました。

相変わらず南座の顔見世はチケットが高いですね。2等A席でも3階というのはちょっと納得できませんでしたが、狂言自体はどれも楽しめました。ただ、東西の役者が揃った割には、それぞれの得意な狂言だけをやって、顔見世らしい大顔合わせが『寿曽我対面』しかなかったのは残念でした。また、時間短縮のためカットが多かったので、多少物足りなさは感じました。

地方公演は亀治郎丈を座頭とする一座で、私の贔屓である竹三郎丈、薪車丈、亀鶴丈も出演していました。狂言は『奥州安達原』『道行初音旅』の2つだけでしたが、とても楽しく、あっという間に終わってしまいました。地方公演は歌舞伎用に作られた舞台ではないので、花道が短いなど違和感があります。この座組でもう一度どこかの芝居小屋で観てみたいと思いました。

私の近況ですが、最近は文楽に興味が出てきました。もともと歌舞伎の義太夫狂言を勉強するために文楽を観始めた訳ですが、純粋に物語を楽しむためには歌舞伎よりは文楽の方が適していると思います。ただ、文楽の何に興味があるかといえば、人形よりは義太夫です。なので、劇場に行かなくても、通勤の車の中で義太夫のCDを聴いているだけで十分満足しています。劇場に行くと人形を見たり、床を見たり、字幕を見たりして集中ができず、結局物語が分からないことが多くなります。その点、義太夫だけですと1点に集中できるので、丸本を見なくてもある程度物語が分かります。最近は年末にNHKで放映された『仮名手本忠臣蔵』をパソコンに取り込み、それをCDにして聴いています。

今後の観劇予定ですが、決定しているところでは3月の文楽の地方公演です。観たいものはたくさんあります。今月で言えば、大阪松竹座の『沼津』『芋掘り長者』、国立文楽劇場の『傾城恋飛脚』『祗園祭礼信仰記』『国姓爺合戦』、歌舞伎座の『一條大蔵譚』などたくさんあります。ただ、ない袖は振れません。4月の浪花花形歌舞伎も観に行きたいですし、博多座の花形歌舞伎も気になります。頑張ってお金を貯めるしかないですね。

今年の目標は全国の大劇場制覇です。残りは博多座、新橋演舞場、御園座、国立劇場です。なかなか難しいとは思いますが、今年1年も伝統芸能漬けの1年にしたいと思います。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 11:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM