<< 松竹座七月大歌舞伎・昼の部 | main | 歌舞伎好きに100の質問 その3 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


松竹座七月大歌舞伎・昼の部2

□橋弁慶
【配役】
・武蔵坊弁慶 愛之助
・従者 宗之助
・牛若丸 壱太郎

【感想など】
今回の興行では、舞踊が二つ出ていましたが、昼の部は長唄舞踊の『橋弁慶』です。この興行で掛かると知り、長唄好きの私は急いで伊十郎師のCDを取り寄せました。実際に聞いてみると大薩摩が多く、普通の長唄の部分が少ない印象を受けました。これに踊りが加わるとどうなるのかなと思いました。

実際に観てみると純粋な舞踊と言うよりは、『勧進帳』のような舞踊劇の印象を受けました。どちらも能を題材にしていますので、それは当然なのかもしれません。

弁慶は愛之助丈でした。あまり上背のない愛之助丈ですが、この舞台では大きく見えました。歌舞伎には弁慶が出る狂言が結構ありますが、この『橋弁慶』の弁慶は若い頃の話であるためか、向こう見ずのようなところがあるように見えました。

対する牛若丸は壱太郎丈です。去年この舞台で『連獅子』の子獅子を観て以来、壱太郎丈には注目しています。今回も子供の役ですが、実際には結構背が高いのですが、衣装の効果もあるためか可愛らしく見えました。動きもすばしっこくて、昔話で聞く牛若丸のイメージそのままだと思いました。

ところで、私は長唄の出囃子や浄瑠璃の出語りのときは、裃の紋に注目しています。大抵は主役となる役者の家の紋や家の芸にしている役者の家の紋なのですが、今回は席が遠いということもありよく分かりませんでした。ただ、なんとなく松竹の紋だったような気がします。弁慶と牛若丸のどちらが主役か分からないから、そのような折衷案になったのでしょうか。

30分ぐらいの短い舞踊でしたが、話の筋も分かりやすく十分楽しめました。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 12:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM