<< 歌舞伎にはまったきっかけなど | main | チケット争奪戦 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


初・生歌舞伎

〈前回はこちら

そんなこんなで歌舞伎熱にとり憑かれた私。
ぜひとも生の歌舞伎を見たいと思い、
松竹や某チケット販売会社のサイトを調べました。

私の住んでいるところは、東京や京阪、
あるいは名古屋、福岡などといった劇場のある都市からは離れており、
もし見に行こうとすると、とても出費がかさんでしまいます。

そういう条件があったため、
選んだのは「市川海老蔵襲名披露巡業」でした。
チケットを取り、その日になるのを待ちわびていたところ、
公演1か月前にどうしてもはずせない用事がピンポイントで入り、
泣く泣くあきらめざるを得ませんでした。

歌舞伎への熱は覚めやらず、次を探すと、
ちょうど上方の成駒屋兄弟を中心にした巡業があり、
それを目指して行動に移りました。
チケットを取り、会場への道順を調べ、
ついに当日がやってきます。

その巡業での狂言は、
歌舞伎初心者のための『歌舞伎の見かた』、
成駒屋の家の芸である玩辞楼十二曲の内から『土屋主税』、
長唄舞踊の『鏡獅子』
の3つでした。
詳しい感想は後日、別記事で思い出しながら書くとして、
率直な感想は、
「歌舞伎ってそんなに堅苦しいものじゃないな」
でした。

私自身も少なからず歌舞伎は高尚なものというイメージがあったのでしょう。
しかし、『土屋主税』などは上方の役者で固めていたのもありますが、
ユーモアもあり、リラックスして見ることができました。
「歌舞伎にも喜劇があるんだな〜」
とも思いました。
生で歌舞伎を見たことで、より一層歌舞伎を生で見たくなり、
今年の7月松竹座、12月南座へと繋がります。

テレビで歌舞伎を見て興味を持った方は、
ぜひ生で歌舞伎を見てほしいと思います。
話が分からなくても、筋書(パンフレット。関西では番付)もありますし、
イヤホンガイドという同時解説もあります。
初めは衣装や大道具の華やかさや、
役者の顔や姿を見に行くだけでもいいと思います。
そこから次第に歌舞伎に興味が持てるようになれば、
どんどん先へ進めばいいのです。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 06:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM