<< 團菊祭五月大歌舞伎・夜の部2 | main | ジーンズで歌舞伎を見る会 設立趣意書 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


松竹座七月大歌舞伎・序

昨年この松竹座で初めて大歌舞伎を見て、早くも1年が経ちました。昨年は坂田藤十郎丈の襲名披露興行でしたが、今年はまるで「松嶋屋奮闘公演」か、あるいは「仁左衛門歌舞伎」の再来のようです。また、出発前日の13日、海老蔵丈が怪我で休演というニュースがあり、その色がより濃くなったような気がします(歌六丈の萬屋は松嶋屋の親戚ですし、家橘丈は十二世仁左衛門丈の孫です)。

今回残念だったのは、やはり海老蔵丈の休演です。『女殺油地獄』の与兵衛の代役が仁左衛門丈というのは松嶋屋贔屓としてはうれしいところです(仁左衛門丈も今後はあまりこの役をやらないと言っていますし)。しかしながら、今回は海老蔵丈の与兵衛に合わせた配役ですから、海老蔵丈で観れなかったのはもったいない気がします。また、やはり家の芸である『鳴神』を海老蔵丈で観れなかったのは残念です。

海老蔵丈の休演でもっとも大きなチャンスを与えられたのは、薪車丈でしょう。以前『船弁慶』で義経を勤めたことはあるようですが、『義経千本桜』の義経はもちろん初役でしょう。薪車丈は、私にとっては初めて生で見た歌舞伎役者ですので、以前から陰ながら応援していました。急遽の代役で苦労もあるかと思いますが、千秋楽まで頑張ってほしいと思います。

また、愛之助丈は代役がなくても6狂言中5つに出演していたのに、代役が入り6狂言全てに出演することになりました。しかも、そのうち3つは主役です。千秋楽まで体調を崩さないか心配です。しかし、ここでの代役が愛之助丈にとって、将来的には大きな役に立つでしょう。

何はともあれ、海老蔵丈の早い回復を祈りつつ、松竹座の興行が無事に千秋楽を迎えるようお祈りいたします。

【参考リンク】
歌舞伎美人(海老蔵丈休演のお知らせ)

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 11:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM