<< 團菊祭五月大歌舞伎・夜の部1 | main | 團菊祭五月大歌舞伎・夜の部2 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


松竹座の観劇迫る!

ついに松竹座七月大歌舞伎の観劇が今週末に迫ってきました。まだ、團菊祭の観劇日記も完成していないのに、観劇の予定ばかりどんどん近づいてきます。やはり感想は観終わったらすぐにでもホテルから書くべきですね。

最近は通勤中に車の中で、七世伊十郎師の『橋弁慶』、二世左團次丈と二世松蔦丈の『鳥辺山心中』や二世猿之助丈の『女殺油地獄』の録音などを聴いて予習をしています。『橋弁慶』は私の好きな大薩摩節がふんだんに使われて今から楽しみにしています。去年この松竹座で関心を持った、壱太郎丈にも注目しています。

実際のところ予習をするのがいいのか悪いのか判断が付きません。下手に知識を入れておくと純粋に感動を味わえないかもしれませんし、何も知らないと話の内容が分からず物語が楽しめないかもしれません。狂言のあらすじを一通りさらっておくぐらいがよいのかもしれません。

ちなみに、当初観劇は15日のみを予定していましたが、14日の天満天神繁盛亭の開演まで少し時間がありましたので、『鳥辺山心中』の幕見を狙っています。売出しが10時からですのでもしかしたらチケットが取れないかもしれません。残っているといいのですが。

また、次の観劇予定も決定しました。9月8日の呉巡業です。地方の公演は舞台が大劇場とは異なっていますので、演じる方も観る方も違和感があるとは思いますが、なんといっても近場でやるというのがありがたいと思います。チケットも花道に近い4列目が取れましたので、今から楽しみです。

まずは週末の松竹座を楽しみに、あと2日を乗り切ろうと思います。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM