<< 松竹座の観劇迫る! | main | 松竹座七月大歌舞伎・序 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


團菊祭五月大歌舞伎・夜の部2

○神明恵和合取組

【主な配役】
・め組辰五郎 菊五郎
・お仲 時蔵
・柴井町藤松 松緑
・九竜山浪右衛門 海老蔵
・島崎楼女将おなみ 萬次郎
・宇田川町長次郎 権十郎
・おもちゃの文次 翫雀
・山門の仙太 竹松
・伜又八 虎之介
・三ツ星半次 亀蔵
・背高の竹 市蔵
・三池八右衛門 右之助
・葉山九郎次 家橘
・露月町亀右衛門 團蔵
・江戸座喜太郎 左團次
・尾花屋女房おくら 田之助
・焚出し喜三郎 梅玉
・四ツ車大八 團十郎

【感想など】
この狂言は、江戸っ子の粋を見せる内容で、また、菊五郎劇団の息のあった立ち回りを楽しむ一幕でした。

菊五郎丈の辰五郎は、いかにも鳶の頭という雰囲気がしていました。今歌舞伎の世界で、いなせな江戸っ子役では菊五郎丈が一番はまっているように思えます。お屋敷方の顔を立てて一歩引く分別、ひと度喧嘩になると先頭を切って乗り込むところなどは、他の役者にはなかなか出せない菊五郎丈の魅力でしょう。

対する團十郎丈の四ツ車も大きさがあって、相撲取りのまとめ役という雰囲気が出ていました。團十郎丈の声は個人的にはあまり好きではありませんが、『勧進帳』の弁慶やこういった役には非常に合っていると思います。また、「鳶と相撲取りでは身分が違う」という思いがあって、それが言動のはしばしに表れており、鳶が抱く相撲取りへの憎々しさを、観客も共有できたように思います。

この狂言で、初めて「だんまり」というものを拝見しました。暗い中で何かを奪い合ったり、殴りかかったりするというシチュエーションは、喜劇やバラエティ番組のコントなどでもよく見ますが、歌舞伎がその起源だったというのには驚きました。

もう一つ特に取り上げておこうと思ったのは、伜又八役の虎之介丈です。以前テレビで『伽羅先代萩』の御殿の場で千松役をやっているのを観ました。そのときは特に何の感想もなかったのですが、今回はとても素晴らしく思えました。父親の扇雀丈がこの一座にいないにも関わらず、しっかり役を勤め、それでいて江戸っ子らしさも出ていました。今後の成長が楽しみな子役です。

鳶と相撲取りの立ち回りは、あれだけ大人数であるのにとても息が合っていました。その立ち回りのなかでも、最初は相撲取りが優勢なのに、次第に鳶が優勢になっていったり、喜劇風な立ち回りがあったり、大将同士の対決があったりなど変化があって面白かったです。これはやはり菊五郎劇団のまとまりがあって初めて可能となるのでしょう。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 13:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM