<< 大阪松竹座・7月大歌舞伎参戦決定! | main | 團菊祭五月大歌舞伎・夜の部1 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


團菊祭五月大歌舞伎・昼の部2

この二幕は当初観る予定はなかったのですが、他の予定が早く済んで時間が余ったので、急遽観ることにしました。そういう場合に幕見席は便利です。ちょっと待ち時間が長いというのは難点ですが。

実際のところ、『切られ与三』は睡魔に襲われていたため記憶が定かではありません。『女伊達』もあまりよく分かりませんでしたので、さらっと終わらせたいと思います。

○与話情浮名横櫛
【主な配役】
・与三郎 海老蔵
・お富 菊之助
・蝙蝠安 市蔵
・鳶頭金五郎 権十郎
・和泉屋多左衛門 左團次

【感想など】
上でも書いたように、睡魔に襲われてしまったため、特に源氏店の場の初めのほうは記憶が曖昧です。もっと芝居に集中していればこんなことはなくなるのだとは思うのですが。
まず印象に残ったのは、見染の場の海老蔵丈です。何が印象に残ったかというと、その声です。上方のつっころばしの役のようにも聞こえますし、一條大蔵卿のようにも聞こえますし、はたまた某コメディアンのバカ殿様のようにも聞こえました。

私はこの狂言は初見でしたので、この場の与三郎の台詞回しや声がどのようなものか分かりませんが、ちょっと違和感は感じました。大店の若旦那という役柄を考えると、つっころばしの演出が合っているような気もしますし、上方と江戸では演出も違うでしょうから、違うような気もしますし、なんとも言えません。

この狂言では役者が客席に下りて客席の間を回るという演出があるようで、この日もやっていましたが、幕見席からはまったく見えませんでした。ただ、私が知らないだけかもしれませんが、このように客席も使う芸能というのはあまりないのではないでしょうか。十三世仁左衛門丈の著書によると、他の狂言で客が役者に酒を勧めたというエピソードがあり、昔のほうが客席との距離が近く、おおらかな時代だったのだなあと思います(昔は客席ではなく、金丸座のように全ての席が平土間だったようですし)。

ストーリー的に言うと、なんだか最後が締まらないような感じがしました。他の演出では、多左衛門が去った後、与三郎とお富が再会するというのもあるそうですが、今回は多左衛門がお富の実の兄だということが分かったところで幕という演出だったため、中途半端な感じがしたのかもしれません。これも物語を楽しむというより、役者を楽しむ狂言なのかもしれません。その前に「寝るな」と言われそうですが。


○女伊達
【主な配役】
・木崎のお駒 芝翫
・中之嶋鳴平 門之助
・淀川の千蔵 翫雀

【感想など】
芝翫丈を観るのは、京都の顔見世以来2回目ですが、どちらも舞踊でした。前回も書きましたが、出番が舞踊一つだけというのはもったいない気がします。この月の狂言で言えば、『勧進帳』の義経に出演してもらいたかった気はします。最近、芝翫丈にしても、雀右衛門丈にしても、舞踊が多めで芝居が少ないのが気になります(芝翫丈は9月にはいろいろと出演するようですが)。

この一幕は打ち出しの舞踊としては華やかでよかったと思います。助六に憧れている女の気風のよさが伝わってくるようでした。傘を使った演出も結構だと思います。少々時間が短めというのも少し物足りないような気はしましたが、逆に打ち出しとしては気軽に観ることがいいのかもしれません。

『勧進帳』では元気がなかったように見えた巳紗鳳師も、この幕では元気そうに見えて安心しました。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 17:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM