<< 乍憚口上 | main | 初・生歌舞伎 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


歌舞伎にはまったきっかけなど

今回は少々私自身のことを書こうと思います。

私が初めて本格的な歌舞伎を見たのは、
中学生の音楽の授業の時間でした。

日本の伝統的な音楽として長唄の「勧進帳」を鑑賞し、
その最後のまとめとしてビデオで歌舞伎の「勧進帳」を見ました。
確か、弁慶が先代羽左衛門丈、富樫が吉右衛門丈、
そして義経が先代梅幸丈だったと思います。
授業の時間が50分だったので、山伏問答のあたりは早送りされましたが、
ともかくそれが初めての歌舞伎でした。
その後、NHKの「芸能花舞台」などを数回見たような記憶がありますが、
あまり内容自体は覚えていません。

ところで、私は大学生の頃から地元の伝統芸能である「神楽」をやっています。
これはもともとは神社で神に奉納する儀式だったものが、
次第にショー化して物語性の強いものとなり、
奉納とは言いながら秋祭りなどで庶民の娯楽として舞われるようになったものです。
この神楽には、歌舞伎や能などを原典にした演目がたくさんあります。
例えば、「将門」の滝夜叉姫、「土蜘」、「茨木」などです。
そういうこともあって、神楽を研究していくうちに、
再び歌舞伎に興味を持つようになりました。

それからもNHKで放映される歌舞伎番組などをビデオに撮って見ていましたが、
私を歌舞伎にはまらせる決定打となったのは、
平成17年3月に放映された「中村勘三郎襲名披露興行」と、
同年4月に放映された「醍醐寺薪歌舞伎」でした。
前者では「口上」で歌舞伎の襲名と役者の裃の色に興味を持ち、
後者では「勧進帳」を初めて完全版を見て、
この物語のすばらしさを知りました。

私は神楽でもそうですが、
音楽(神楽では奏楽といいます)が自分の嗜好に合わないと、
その演目あるいは団体自体が好きになれません。
「勧進帳」は長唄屈指の名曲で、
歌舞伎にはまった理由はそれに因るところが多いと思います。

その後、NHK教育で日曜10時に放映される「芸術劇場」は、
必ずビデオに撮るようになりました。
そして、そこで放映された「魚屋宗五郎」で世話物の面白さを知りました。

歌舞伎の熱は次第に高まり、「勧進帳」や長唄のCDを買ったり、
歌舞伎の本を買ったりしました。
そして、ついに生の歌舞伎を見に行くことになりました。

〈次回へ続く〉

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 21:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM