<< 近況報告など | main | 團菊祭五月大歌舞伎・昼の部 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


團菊祭五月大歌舞伎・序

またまた前回の記事から時間が空いてしまい、近頃面目次第もございません。ネタがない、というわけではないのですが、間が開いてしまうとやはり億劫になってしまうようで。何とかこの三日坊主の性分は直したいと思うのですが。

さて、前回の記事に書きましたとおり、今月初め連休を利用して團菊祭五月大歌舞伎を見に歌舞伎座へ行ってきました。実際のところ絶対に見てみたいという狂言はありませんでした。しかし、今の歌舞伎座がもうすぐ建て直しされるという噂もありしたので、今の歌舞伎座を見ておこうと思い、遠征を決めました。

昼の部は『勧進帳』だけ見ればよいと思っていましたのでチケットは取らず、夜の部のみ3階A席を取りました。一度は1階で見てみたいものですが、遠征自体に費用がかかっていますので、遠い将来の話になりそうです。

結局、二日目の昼の部で『勧進帳』の幕見、夜の部の通し、三日目の昼の部で『与話情浮名横櫛(切られ与三)』と『女伊達』を幕見で観劇しました。幕見席は舞台までが遠いのがネックですが、千円ちょっとで歌舞伎が見れるというのは魅力的です。金額が安いためか、両日とも若い人たちや外国の人たちでいっぱいでした。外国の方が多いというのは、松竹座や南座ではあまり見られなかった光景です。

幕見席のチケット販売を待っている間、歌舞伎座の建物を見ていたのですが、やはりところどころ古くなっているのが分かります。まだ新しい松竹座や15年前に改築された南座と比べるからでしょうが、やはり建て替えは必要なのかなと思いました。その間どこで歌舞伎をするのだろうといらぬ心配もしていましたが(ぜひ地方へ巡業してほしいものです)。

この團菊祭では、いままで見たことがなかった役者を見ることができました。これまで松竹座と南座でほぼ上方系の役者がメインの舞台でした。今回梅玉丈、三津五郎丈、彦三郎丈、萬次郎丈、松緑丈、菊之助丈など、これまでテレビでしか見たことがなかった役者を見れたのは満足でした。また、家元2人の踊りが見れたのもいい経験になりました。

ただ、満足できなかった点もあります。いくら團菊祭で菊五郎劇団主体の興行とはいえ、義太夫狂言が一つもなかったのは物足りなさを感じました。歌舞伎座では、2月、3月と義太夫狂言の通し狂言、4月も3つありましたので、今月はその反動かもしれません。

感想は忘れないうちに順次書いていこうと思います。まずは、導入部分まで。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 16:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM