<< 吉例顔見世興行(夜の部) 京鹿子娘道成寺 | main | 近況報告など >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


吉例顔見世興行(夜の部) 雁のたより

【主な配役】
・髪結三二五郎七実は浅香与一郎 藤十郎
・愛妾司 扇雀
・若旦那万屋金之助 翫雀
・乳母お光 竹三郎
・下剃の安 亀鶴
・若殿前野左司馬 愛之助
・家老高木治郎太夫 段四郎
・花車お玉 秀太郎

【感想など】
この狂言ははっきり言ってしまうとコントです。吉本新喜劇のルーツといっても間違っていないでしょう。7月に松竹座で見た『魚屋宗五郎』でも笑わせてもらいましたが、これはやはり江戸の笑いです。今回の『雁のたより』はコテコテの上方の笑いで、『魚屋宗五郎』とはまた違った面白さがありました。

上方狂言ということで上方の役者を揃えています。それにしても、純粋な上方役者の竹三郎丈が昼夜通してこの狂言のみで、なおかつ出演時間ほんの数分というのは非常気の毒に思えます。ただ、数分の出演時間にもかかわらず、存在感は非常に大きなものがありました。

笑いとしてはベタな笑いが多いのですが、現代のお笑いにも通じるところがあります。三二五六七を捕まえる罠を試そうとして仲間から袋叩きされるところなど、現代のコントでもよく見られると思います。そう考えると、今のお笑いは昔から余り変わっていないのだなあと思いました。

さすがに上方の役者は何気ないセリフのやり取りが上手いと思います。藤十郎丈と秀太郎丈のやり取りは漫才を見ているかのようです。多分アドリブがかなり含まれているのでしょうが、全く破綻をきたさないのはすごい腕だと思います。個人的に藤十郎丈と翫雀丈のやり取りには笑わせてもらいました。

回りが上方役者に囲まれる中、一人江戸の役者の段四郎丈ですが、分別のある家老役として舞台を締めていました。『俊寛』の瀬尾のような敵役が本役でしょうが、このようなご家老役もぴったりです。

物語的には、「そんな馬鹿な」というような幕切れですが、上方らしい芝居を見て大満足でした。このような芝居はとても江戸の役者にはできないでしょう。役者が照れてしまっては、見ているお客のほうが恥ずかしくなるものです。このような馬鹿らしい芝居こそ真面目にやった方が受ける気がします。

スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • 16:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM