スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今後の観劇予定 20年12月以降

○12月20日(土) 当る丑年顔見世大歌舞伎〜南座
 ・昼の部 『正札附根元草摺』
      『八陣守護城』「湖水御座船の場」
      『藤娘』
      『梶原平三誉石切』「鶴ヶ岡八幡社頭の場」
      『ぢいさんばあさん』
 ・夜の部 『傾城反魂香』「土佐将監閑居の場」
      『元禄忠臣蔵 大石最後の一日』
      『信濃路紅葉鬼揃』
      『源氏物語千年記念 源氏物語』「夕顔」

○12月21日(日) 京阪文楽
  『三人三番叟』『関取千両幟』「猪名川内の段」

○1月 初春文楽公演
 ・第1部 『花競四季寿』「万才・海女・関寺小町・鷺娘」
      『増補忠臣蔵』「本蔵下屋敷の段」
      『夕霧 伊左衛門曲輪文章』「吉田屋の段」
 ・第2部 『新版歌祭文』「座摩社の段」「野崎村の段」「油屋の段」

○1月 壽 初春大歌舞伎
 ・昼の部 『義経千本桜』「鳥居前」
      『良弁杉由来』「二月堂」
      『廓文章』「吉田屋」
      『お祭り』
 ・夜の部 『霊験亀山鉾』「亀山の仇討」

○3月 文楽地方公演
 ・昼の部 『一谷嫩軍記』「熊谷桜の段」「熊谷陣屋の段」
      『紅葉狩』
 ・夜の部 『二人三番叟』
      『御所桜堀川夜討』「弁慶上使の段」
      『傾城恋飛脚』「新口村の段」

JUGEMテーマ:芸能



観劇リスト 20年11月まで

○8月23日(土) 内子座文楽〜愛媛県内子町 内子座
 ・午後の部 『卅三間堂棟由来』「平太郎住家より木遣り音頭の段」
       『碁太平記白石噺』「浅草雷門の段」「新吉原揚屋の段」

○9月21日(日) 松江城薪能〜島根県松江市 松江城内
 仕舞『石見銀山』狂言『千鳥』能『大社』
※仕事のため見に行けず

○9月30日(火) 文楽地方公演〜岡山県倉敷市 倉敷市芸文館
 ・昼の部 『一谷嫩軍記』「熊谷桜の段」「熊谷陣屋の段」
      『紅葉狩』
 ・夜の部 『二人三番叟』
      『御所桜堀川夜討』「弁慶上使の段」
      『傾城恋飛脚』「新口村の段」

○11月19日(水) 松竹大歌舞伎地方公演〜島根県出雲市 出雲市民会館
 ・夜の部 『魚屋宗五郎』『京人形』

○11月21日(金) 文楽11月公演〜国立文楽劇場
 ・夜の部 『靱猿』
      『恋娘昔八丈』「城木屋の段」「鈴ヶ森の段」
      『吉田清之助改め五世豊松清十郎 襲名披露 口上』
      『本朝廿四孝』「十種香の段」「奥庭狐火の段」

○11月22日(土) 文楽11月公演〜国立文楽劇場
 ・昼の部 『双蝶々曲輪日記』「難波裏喧嘩の段」「八幡里引窓の段」
      『八陣守護城』「浪花入江の段」「主計之介早討の段」「正清本城の段」

JUGEMテーマ:芸能



松竹座の観劇迫る!

ついに松竹座七月大歌舞伎の観劇が今週末に迫ってきました。まだ、團菊祭の観劇日記も完成していないのに、観劇の予定ばかりどんどん近づいてきます。やはり感想は観終わったらすぐにでもホテルから書くべきですね。

最近は通勤中に車の中で、七世伊十郎師の『橋弁慶』、二世左團次丈と二世松蔦丈の『鳥辺山心中』や二世猿之助丈の『女殺油地獄』の録音などを聴いて予習をしています。『橋弁慶』は私の好きな大薩摩節がふんだんに使われて今から楽しみにしています。去年この松竹座で関心を持った、壱太郎丈にも注目しています。

実際のところ予習をするのがいいのか悪いのか判断が付きません。下手に知識を入れておくと純粋に感動を味わえないかもしれませんし、何も知らないと話の内容が分からず物語が楽しめないかもしれません。狂言のあらすじを一通りさらっておくぐらいがよいのかもしれません。

ちなみに、当初観劇は15日のみを予定していましたが、14日の天満天神繁盛亭の開演まで少し時間がありましたので、『鳥辺山心中』の幕見を狙っています。売出しが10時からですのでもしかしたらチケットが取れないかもしれません。残っているといいのですが。

また、次の観劇予定も決定しました。9月8日の呉巡業です。地方の公演は舞台が大劇場とは異なっていますので、演じる方も観る方も違和感があるとは思いますが、なんといっても近場でやるというのがありがたいと思います。チケットも花道に近い4列目が取れましたので、今から楽しみです。

まずは週末の松竹座を楽しみに、あと2日を乗り切ろうと思います。

チケット争奪戦

生で歌舞伎を見るということは、
当日以前にチケットを取らなければなりません。
私は今年3回ほどチケット争奪戦に参加しましたが、
戦績は1勝1敗1分と言ったところです。
今回は争奪戦の感想などを少し。

6月のとある土曜日、
大阪松竹座の7月大歌舞伎のチケット一般販売日です。
このときが初めてチケット販売日当日の参戦でしたので、
事前にチケットWeb松竹のIDを取り、当日に備えました。
販売開始は午前10時で、その少し前にログイン。
10時を過ぎてすぐ注文をし、
何とか昼の部・夜の部ともに2等席1列目をゲットしました。
しかも、昼の部は通路脇ということで、
これほどの良席はありません。
初陣は勝利で終わりました。

第2戦は京都南座の「當る亥年吉例顔見世興行」。
11月のとある平日のことです。
この興行は、「十八代目中村勘三郎襲名披露興行」を兼ねているため、
事前からチケットが取り難いといううわさが流れていました。
それでなくても、南座の顔見世は京都人の年中行事として有名で、
地元の方でも席が取れないこともあるとのことです。
販売前日チケットWeb松竹で確認してみますと、
狙っていた2等A席はすでに完売になっています。
すでに発売日前に負け戦の雰囲気が漂っています。

そして発売日当日。
午前10時前にログインするも、ログインできない状態が続き、
やっと10時5分過ぎにログインができました。
当初3日目である土曜日を狙っていましたが、
すでに土曜日は売り切れ状態。
仕方がなく4日目の日曜日を狙って、
何とか昼夜ともに3等席をゲットしました。
3等席だから相当舞台までが遠いだろうなと思って現地に行きますと、
花道の七三は充分見れますし、舞台もそこまで遠くありませんでした。
ただ、席が狭くて体が痛くなってしまいました。
これはやはり負け戦です。

そして、今年の最終戦、
1月の松竹座、「壽初春大歌舞伎」です。
これは販売が日曜日でした。
江戸の市川團十郎丈と海老蔵丈の親子競演、
上方の坂田藤十郎が出演となると、
さぞかし困難な戦いを強いられるだろうと思っていました。
にもかかわらず、10時前にログインをするのを忘れていて、
10時数分前にログインするもログインできず、
今回はチケットが取れないかもと思っていました。
やっとログインができ、あきらめ半分でほしい日の情報を見てみると、
まだまだかなりの余裕がありました。
ただ、日曜の昼夜を希望していたのですが、
日曜の夜が貸切のようになっていて、
仕方がなく土曜の夜、日曜の昼という変則的な日程を取りました。
席自体は2等席の1列目と2列目なので良席ですが、
土曜の朝早く家を出発しなければならないことを考えれば、
これは引き分けといっていいでしょう。
日曜の夜の予定が空いてしまいましたし。

松竹友の会の会員でもなればもっと楽な戦いになるのでしょうが、
年に数回では果たして元が取れるのでしょうか。
高い席ならもっと楽をできるとは思いますが、
先立つものがない現状では……。

sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM