スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


賀正

JUGEMテーマ:つぶやき。


大変に遅くなってしまいましたが、
明けましておめでとうございます。
本年も拙ブログをよろしくお願いいたします。

本当に久しぶりのエントリーで大変申し訳なく思います。
ブログをお休みしていた間、南座の顔見世興行に行ったり、職場の研修で大阪に行った際に隙を見て文楽公演に行ったり、歌舞伎の地方公演に行ったりしました。

相変わらず南座の顔見世はチケットが高いですね。2等A席でも3階というのはちょっと納得できませんでしたが、狂言自体はどれも楽しめました。ただ、東西の役者が揃った割には、それぞれの得意な狂言だけをやって、顔見世らしい大顔合わせが『寿曽我対面』しかなかったのは残念でした。また、時間短縮のためカットが多かったので、多少物足りなさは感じました。

地方公演は亀治郎丈を座頭とする一座で、私の贔屓である竹三郎丈、薪車丈、亀鶴丈も出演していました。狂言は『奥州安達原』『道行初音旅』の2つだけでしたが、とても楽しく、あっという間に終わってしまいました。地方公演は歌舞伎用に作られた舞台ではないので、花道が短いなど違和感があります。この座組でもう一度どこかの芝居小屋で観てみたいと思いました。

私の近況ですが、最近は文楽に興味が出てきました。もともと歌舞伎の義太夫狂言を勉強するために文楽を観始めた訳ですが、純粋に物語を楽しむためには歌舞伎よりは文楽の方が適していると思います。ただ、文楽の何に興味があるかといえば、人形よりは義太夫です。なので、劇場に行かなくても、通勤の車の中で義太夫のCDを聴いているだけで十分満足しています。劇場に行くと人形を見たり、床を見たり、字幕を見たりして集中ができず、結局物語が分からないことが多くなります。その点、義太夫だけですと1点に集中できるので、丸本を見なくてもある程度物語が分かります。最近は年末にNHKで放映された『仮名手本忠臣蔵』をパソコンに取り込み、それをCDにして聴いています。

今後の観劇予定ですが、決定しているところでは3月の文楽の地方公演です。観たいものはたくさんあります。今月で言えば、大阪松竹座の『沼津』『芋掘り長者』、国立文楽劇場の『傾城恋飛脚』『祗園祭礼信仰記』『国姓爺合戦』、歌舞伎座の『一條大蔵譚』などたくさんあります。ただ、ない袖は振れません。4月の浪花花形歌舞伎も観に行きたいですし、博多座の花形歌舞伎も気になります。頑張ってお金を貯めるしかないですね。

今年の目標は全国の大劇場制覇です。残りは博多座、新橋演舞場、御園座、国立劇場です。なかなか難しいとは思いますが、今年1年も伝統芸能漬けの1年にしたいと思います。

大阪松竹座・7月大歌舞伎参戦決定!

この間の日曜は、岡山へ「備前おかやま歌舞伎」を見に行く予定でした。しかしながら、ちょうど祖父の一周忌の法要と重なってしまったため、行くことができなくなりました。チケット代が無駄になってしまいましたが、こればかりは仕方がありません。こんなことなら、早めにこの場でプレゼント企画でもすればよかったと思う次第です。

ただ、行かなくてよかったこともありました。この日はちょうど大阪松竹座の7月大歌舞伎のチケット販売開始日です。前の記事にも書きましたとおり、狂言が決定した時から行こうと決めていました。

チケット販売は午前10時から。松竹のホームページを開いて待っていましたが、無情にも10時前にお坊さんが到着してしまい、法事が始まりました。法事の途中にも、どの席を取ろうか思案をし、法事が終わって食事になるまでの間にパソコンに向かいました。

7月は土日に行事が多く、空いているのは14日からの3連休です。家から大阪へ行くことも考えて初日は諦め、15日に通しで見ることにしました。また、『身替座禅』を1階席で見たいと思い、夜の部は1階席を取ろうと思いました。

まず、昼の部の照会をします。確保できたのは2階席の最後方の向かって右の席でした。何度かやってみましたが同じ席しか確保されませんでしたので、仕方がなくその席にしました。

続いて夜の部を照会してみますと、列名は書いてなく、「左○○席」と書いてありました。どうやら向かって左側の桟敷席のようです。桟敷席というのはいいのですが、左側だと花道で芝居をしている役者の後ろばかりを見ることになります。何度かやっていますと16列の真ん中あたりが取れましたので、そこで決定しました。

今回の興行は、仁左衛門丈の『義経千本桜』の知盛と『身替座禅』の山蔭右京、愛之助丈の『鳥辺山心中』の半九郎、海老蔵丈の鳴神上人と『女殺油地獄』の与兵衛など見たい役が盛りだくさんです。さすがに大阪という場所柄か、時代物と世話物の義太夫物がありますし、歌舞伎十八番があって、新歌舞伎があって、長唄と常磐津の舞踊があるというふうに狂言も色とりどりです。團菊祭で義太夫物がなかったうっぷんが晴らせそうです。

ちなみに、14日の夜も最初は3階席を取ろうと思いましたがあまりいい席が残っていないので止めました。その代わりといっては何ですが、話題の天満天神繁盛亭の夜の部の前売り券を取ってみました。何年か前から江戸の落語は好きで聞いていましたが、上方の落語を本格的に聞くのは初めてです。生の寄席に行くのも初めてです。そちらのほうはどうなりますことやら。

追伸:昨日再び松竹のホームページでチケットの照会をしてみますと、昼・夜ともによりいい席が確保されました。そんなこともあるのですね。しかも、夜の部は右の桟敷席でした。まあ、最後まで粘って結局取れなかったというのよりはましなので、今回取った席で楽しみたいと思います。

近況報告など

更新が滞っており、大変申し訳ありません。

やはり観劇の感想は見た直後に書かないとだんだん嘘っぽくなってしまいます。これまで南座顔見世の感想を書いてきましたが、最後の『乗合船恵方万歳』の感想は書かないことにしました。実際、見た直後でさえ記憶が曖昧でしたし、もうかれこれ4か月近く前のことを思い出そうとしても表面をなぞるだけになってしまうからです。それでは皆さんも面白くないでしょうし、書いている私も満足できません。

ただ、2点だけ、鶴松丈の踊りが子役以上の出来だったということと、清元と同じ江戸の浄瑠璃でも、常盤津は私の好みに合うと思ったということだけを書き残して南座顔見世の観劇日記を終了させていただきます。

南座の顔見世以降、1月は松竹座の初春大歌舞伎、南座の前進座公演および国立文楽劇場の初春文楽公演幕見(『二人禿』と『嫗山姥』)を、3月は文楽地方公演昼の部(『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」と『釣女』)を見ることができました。

文楽は1月が初見でした。歌舞伎の義太夫から興味を持って文楽を見に行ったわけですが、私個人としてはやはり人形より役者が芝居をしている方が好みに合っています。ただ、大夫の語りは、やはり本家本元ということもあり文楽のほうが迫力があったように思えます。また、「景事」という、歌舞伎の所作事のような一幕は、長唄舞踊よりも語りも三味線も音に迫力があり、私のお気に入りとなりました。

4月以降地方でも歌舞伎の公演が催されます。松竹座の花形歌舞伎や金丸座のこんぴら歌舞伎を見に行きたかったのですが、日程が合わなかったり、チケットが取れなかったりで断念することとなりました。某オークションでチケットが出ているようですが、高価すぎて手が出ません。遠征するとなると宿泊費や交通費がかかるので、本当に見に行きたい公演を吟味しなければなりません。

6月に日帰りのできそうな公演もあり、チケットの予約をしたのですが、ちょうど祖父の一周忌の法事とかぶってしまいました。つくづく運がありません。今頭に思い描いているのは、5月の連休中に歌舞伎座の幕見(『勧進帳』と『女暫』)、7月の松竹座の昼夜通しです。5月の新橋演舞場の夜の部も考えましたが、すでに安い席のチケットが完売していたので諦めました。今後戻りが出てくる可能性はありますが、あまり期待はできないでしょう。

芝居見物はなかなかお金のかかる趣味ですが、できるだけたくさん見に行けるように頑張りたいと思います。

新年のごあいさつ

私的には喪中ですので、
寒中お見舞い申し上げます。

昨年暮れに始め、まだ開設1か月にも満たないこのブログですが、
今年も何卒よろしくお願いいたします。

今日は歌舞伎座、浅草公会堂、大阪松竹座の初芝居初日です。
また、明日は国立劇場、京都南座前進座公演の初日となっています。

正月はテレビの方でも歌舞伎を見ることができ、
ありがたい時期です。
今日もNHK教育で19時から、
歌舞伎座の『春興鏡獅子』、松竹座の『勧進帳』と
『仮名手本忠臣蔵・九段目 山科閑居』が放映されます。
明日は、NHKBS2で12時15分から、
国立劇場の『梅初春五十三驛』が放映されます。
どちらもお見逃しなきようご注意ください。

私の初芝居は、6日(土)大阪松竹座夜の部、
7日(日)大阪松竹座昼の部、
8日(月)京都南座前進座公演昼の部となっています。
今日テレビの放送でそのうちの2つの狂言をするわけですが、
やはりテレビと生は違います。
予習を兼ねて見ておこうと思います。

それでは、今年一年が皆様にとってよい年でありますように。

初・生歌舞伎

〈前回はこちら

そんなこんなで歌舞伎熱にとり憑かれた私。
ぜひとも生の歌舞伎を見たいと思い、
松竹や某チケット販売会社のサイトを調べました。

私の住んでいるところは、東京や京阪、
あるいは名古屋、福岡などといった劇場のある都市からは離れており、
もし見に行こうとすると、とても出費がかさんでしまいます。

そういう条件があったため、
選んだのは「市川海老蔵襲名披露巡業」でした。
チケットを取り、その日になるのを待ちわびていたところ、
公演1か月前にどうしてもはずせない用事がピンポイントで入り、
泣く泣くあきらめざるを得ませんでした。

歌舞伎への熱は覚めやらず、次を探すと、
ちょうど上方の成駒屋兄弟を中心にした巡業があり、
それを目指して行動に移りました。
チケットを取り、会場への道順を調べ、
ついに当日がやってきます。

その巡業での狂言は、
歌舞伎初心者のための『歌舞伎の見かた』、
成駒屋の家の芸である玩辞楼十二曲の内から『土屋主税』、
長唄舞踊の『鏡獅子』
の3つでした。
詳しい感想は後日、別記事で思い出しながら書くとして、
率直な感想は、
「歌舞伎ってそんなに堅苦しいものじゃないな」
でした。

私自身も少なからず歌舞伎は高尚なものというイメージがあったのでしょう。
しかし、『土屋主税』などは上方の役者で固めていたのもありますが、
ユーモアもあり、リラックスして見ることができました。
「歌舞伎にも喜劇があるんだな〜」
とも思いました。
生で歌舞伎を見たことで、より一層歌舞伎を生で見たくなり、
今年の7月松竹座、12月南座へと繋がります。

テレビで歌舞伎を見て興味を持った方は、
ぜひ生で歌舞伎を見てほしいと思います。
話が分からなくても、筋書(パンフレット。関西では番付)もありますし、
イヤホンガイドという同時解説もあります。
初めは衣装や大道具の華やかさや、
役者の顔や姿を見に行くだけでもいいと思います。
そこから次第に歌舞伎に興味が持てるようになれば、
どんどん先へ進めばいいのです。

歌舞伎にはまったきっかけなど

今回は少々私自身のことを書こうと思います。

私が初めて本格的な歌舞伎を見たのは、
中学生の音楽の授業の時間でした。

日本の伝統的な音楽として長唄の「勧進帳」を鑑賞し、
その最後のまとめとしてビデオで歌舞伎の「勧進帳」を見ました。
確か、弁慶が先代羽左衛門丈、富樫が吉右衛門丈、
そして義経が先代梅幸丈だったと思います。
授業の時間が50分だったので、山伏問答のあたりは早送りされましたが、
ともかくそれが初めての歌舞伎でした。
その後、NHKの「芸能花舞台」などを数回見たような記憶がありますが、
あまり内容自体は覚えていません。

ところで、私は大学生の頃から地元の伝統芸能である「神楽」をやっています。
これはもともとは神社で神に奉納する儀式だったものが、
次第にショー化して物語性の強いものとなり、
奉納とは言いながら秋祭りなどで庶民の娯楽として舞われるようになったものです。
この神楽には、歌舞伎や能などを原典にした演目がたくさんあります。
例えば、「将門」の滝夜叉姫、「土蜘」、「茨木」などです。
そういうこともあって、神楽を研究していくうちに、
再び歌舞伎に興味を持つようになりました。

それからもNHKで放映される歌舞伎番組などをビデオに撮って見ていましたが、
私を歌舞伎にはまらせる決定打となったのは、
平成17年3月に放映された「中村勘三郎襲名披露興行」と、
同年4月に放映された「醍醐寺薪歌舞伎」でした。
前者では「口上」で歌舞伎の襲名と役者の裃の色に興味を持ち、
後者では「勧進帳」を初めて完全版を見て、
この物語のすばらしさを知りました。

私は神楽でもそうですが、
音楽(神楽では奏楽といいます)が自分の嗜好に合わないと、
その演目あるいは団体自体が好きになれません。
「勧進帳」は長唄屈指の名曲で、
歌舞伎にはまった理由はそれに因るところが多いと思います。

その後、NHK教育で日曜10時に放映される「芸術劇場」は、
必ずビデオに撮るようになりました。
そして、そこで放映された「魚屋宗五郎」で世話物の面白さを知りました。

歌舞伎の熱は次第に高まり、「勧進帳」や長唄のCDを買ったり、
歌舞伎の本を買ったりしました。
そして、ついに生の歌舞伎を見に行くことになりました。

〈次回へ続く〉

乍憚口上

このブログのタイトルを見て、
「何バカなことを言ってんだか」と思われるでしょうか。
それとも、
「それもいいんじゃない」と共感していただけるでしょうか。

歌舞伎観劇というと、
「和服を着るなど正装をして見に行く」
というイメージではないでしょうか。
普段生活しているときの服を脱ぎ、
晴れ着を着て非日常である歌舞伎を見る。
それも大変結構なことだと思います。

出雲の阿国が京都の四条河原において、
「かぶき踊り」を踊って400年以上が経ちます。
歌舞伎誕生当初から江戸時代の間、
芝居見物は庶民が普段着で行ける一番の娯楽でした。
現代のスポーツ観戦や歌手のライブに例えるとよいでしょう。
武家に保護され、江戸時代には庶民が見ることができなかった、
能楽と大きく異なるところです。

それがいつの間に高尚なものになってしまったのでしょう。
その敷居の高さからか(チケットの高さもありますが)、
お金のない若者が自主的に、
「ちょっと歌舞伎を見に行こう」
という気持ちになることは少ないと思います。
いくら役者が若者向けに工夫した芝居をしたとしてもです。

それは非常にもったいないことだと思います。
私もふとしたきっかけで歌舞伎を見るようになりましたが、
テレビでやっているのと、生で見るのでは、
雲泥の差があります。
歌舞伎を生で見て余計にはまってしまいました。

歌舞伎の観劇には一幕見席といって、
1つの演目を千円前後で見ることもできます。
セリフがわからないというイメージもありますが、
世話物といって江戸時代の現代劇もあります。
これはほとんど現代の言葉と変わりません。
決して歌舞伎とは、
難しいもの、高尚なものではないのです。

本日私は、
「ジーンズをはいて歌舞伎を見に行く」運動を提唱し、
これを推進していくことを宣言します。
その運動の一環として、
歌舞伎を見たことがない人に興味を持っていただけるよう、
このブログを開設します。

何卒ご見物いずれも様におかれましても、
このブログ、また私當富屋を末永くご贔屓・ご後援賜りますよう、
すみからすみまでズズィーっと、(當富屋!)
請い願い上げ奉ります。

sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM