スポンサーサイト

  • 2008.12.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


また近況などを…

せっかくブログがあるのに、全く活用ができていないという残念な私ですが、久しぶりに近況を報告したいと思います。

他のエントリーにも書いていますが、1月に国立文楽劇場で文楽初春公演を観て以降、3月に文楽の地方公演を観ました。ちょうど車で1時間半ぐらいのところであったのですが、やっぱり遠征をしなくてもいいというのはお金もかからないので気分が楽です。こんなとき劇場が近くにある人がうらやましく思います。

演目は、昼の部が『近頃河原の達引』と『義経千本桜』「道行初音旅」、夜の部が『伊達娘恋緋鹿子』と『生写朝顔話』でした。いずれも初めて観る演目でした(『近頃河原の達引』はCDでさわりを聴き、『道行初音旅』は歌舞伎の清元版は観たことがあった程度です)。

地方公演の場合、初めに文楽の解説があるのですが、今回は人形のみでした。昨年は三業全ての解説があったのに、その点は残念です。また、演目が世話物に偏っているような気はしました。時代物は通しで観ないと分かりにくいので、初心者が多い地方公演には向かないかもしれませんが、一つは観てみたかったなと思いました。それから、お気に入りの伊達大夫さんが休演だったのが残念だったのですが、代役がこれもお気に入りの千歳大夫さんだったので少しは気を紛らわすことができました(その後、5月に伊達大夫さんはお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します。結局生で伊達大夫さんを観ることはできず、本当に残念です)。

演目的にはどれも話の内容がわかりやすく、物語を楽しむことができました。特に『近頃河原の達引』は、猿回しの演技が楽しく、『道行初音旅』でも人形遣いの早替りがあったりして、観客にも受けていました。『伊達娘恋緋鹿子』では人形が一人で櫓へ上っているように見えましたし、『生写朝顔話』は文楽には珍しくハッピーエンドで終わります。こういった地方公演では、観客にわかりやすい話で、視覚的にも楽しめる演目を上演したほうがいいのかなと思いました。

次の地方公演は、『熊谷陣屋』や『傾城恋飛脚』、『弁慶上使』『二人三番叟』など観たい演目ばかりです。9月に倉敷へ来るようですので、観に行こうか思案中です。今年の地方公演で観れなかった蓑助さんや勘十郎さん、清治さん、燕三さんが出演されますし。ただ、平日なんですよね〜。
JUGEMテーマ:芸能



sponsored links
ジーンズで歌舞伎を観る会
設立趣意書
会則
入会方法
・会員名簿
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM